【講演・セミナー】ポートランド日本庭園 Year of Kyoto 2018振り返り報告会

講演・セミナー実績  |  2019.04.20
タグ:

「ポートランド日本庭園 Year of KYOTO 2018振り返り報告会-祇園祭の山鉾が初めて海を渡った日-」 と題し、1000年を超す歴史上初めて、祇園祭の山鉾が海を渡った…その背景について、関係者が一同に会し、この歴史的な出来事のエピソードや想いを語り合いました。

米国オレゴン州ポートランド日本庭園(Portland Japanese Garden, 以下PJG)では2018年を「Year of Kyoto」と掲げ、年間を通じて京都の文化発信のための各種プログラムを実施しました。弊社では、その運営の一部を担当いたしました。(→詳細はこちら

4月26日シンポジウム(金剛能楽堂)、そして27日キックオフレセプション(東本願寺・渉成園)を皮切りに、PJGにおける工芸品の販売や展示イベントなどが開催されました。

そして9月にはPJGにて開催された祇園祭イベントにて綾傘鉾および祇園祭の各種懸装品等の展示と長刀鉾祇園囃子保存会によるお囃子の披露を行い、アメリカの方々に大きな感動を与えました。

1000年以上の歴史を持つ祇園祭の山鉾が歴史上初めて海を渡り、お囃子の生演奏とともにはるばるポートランドの地で披露できたことは、京都の文化を世界に広める上で、そしてクリエイティブ都市として知られるポートランドと京都の交流を深めていく上で、大きな出来事です。

京都文化の未来への継承および発展を見据えた時、日本国内のみならず、海外にも広く発信し、京都の文化を愛する人を増やしていくこと、そして互いに交流を深めていくことの必要性を強く感じることができる機会にもなりました。

今回の活動の経緯や背景、そしてエピソードを京都の皆様に共有し、今後の京都の盛り上がりにつながるような取り組みに少しでも貢献できればと考え、振り返り報告会を開催いたしました。

(イベント詳細)
——————————————————
【日時】2019年4月20日(土)15:00〜17:00
【会場】MTRL KYOTO 京都市下京区本塩竈町554
【主催】ポートランド日本庭園 2018年「Year of Kyoto」実行委員会
【登壇者】長刀鉾祇園囃子保存会 代表     石和 達也 様
同上           畑 正高 様
綾傘鉾保存会 理事長        寺田 進 様
京都信用金庫 理事長        榊田 隆之 様
COS KYOTO株式会社 代表取締役 北林 功