Portland Japanese Garden “Year of Kyoto”

「日本以外で最高の日本庭園」と称されるアメリカオレゴン州ポートランドの「Portland Japanese Garden」。2017年4月に隈研吾氏設計による「Cultural Village」がオープンしたことをきっかけに2018年度を「Year of Kyoto」として、京都の文化を紹介する各種プログラムやイベント、展示、販売などが行われました。

ポートランドおよび同園との交流活動に取り組んでいる弊社では以下のプログラムの企画・運営を担当致しました。

・4/26   「シンポジウム−京都から世界への庭園文化継承」(会場:金剛能楽堂)
オープニング:狂言師 茂山逸平氏によるオリジナル狂言の披露
基調講演:隈研吾氏「桂離宮、タウト、僕」
対談:隈研吾氏、進士五十八氏、内山貞文氏
(運営協力:京都信用金庫)

・4/27   「Year of Kyoto」オープニングレセプション(会場:東本願寺渉成園)(運営協力:京都信用金庫、株式会社日商社)

・7/21−9/3 「Behind the Shoji: Kyoto Marketplace」(会場:Portland Japanese Garden ”Pavilion”
京都を中心とした関西各所の工芸品等のキュレーションおよび販売

・9/15-11/4「Gion Matsuri: The World’s Oldest Urban Festival」(会場:Portland Japanese Garden “Pavilion”他)
祇園祭の文化を伝えるための各種取組を実施
−綾傘鉾および懸装品の展示、祇園祭の映像の上映(協力:綾傘鉾保存会、祇園祭山鉾連合会)
−オリジナル駒形提灯の制作・展示(協力:奥川提灯店)